スポンサードリンク

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎の症状で最も苦しいのは“かゆみ”です。特に子どもは我慢することができないので、かきこわして血が出るまで引っ掻きます。自分で引っ掻くことのできない乳児期などは、母乳を飲むときにお母さんの乳房にこすりつけたり、抱っこされているときにお母さんの服にこすりつけて掻いています。


アトピー性皮膚炎の症状−布団に入るとかゆくなる

お風呂に入ったり布団に入って体があたたまると、急にかゆくなります。これは、皮膚があたためられてかゆみ神経がかゆみを感じやすくなるためです。

また、仕事や遊びに熱中している時はあまりかゆくないのに、ほっとしている時にかゆみを感じやすいということがよくあります。夜、眠る前が一番かゆいと訴えるアトピー性皮膚炎患者さんが多いのは、布団に入って体があたたまるのに加えて、まどろみ始めて緊張がゆるむために、アトピー性皮膚炎のかゆみが倍増していると考えられます。


アトピー性皮膚炎の症状−ストレスでかゆくなる

遊びや好きなことに熱中しているときはかゆくないのに、勉強や人前での発表など嫌なこと、いらいらすることがあると、とてもかゆみが強くなります。受験が近づくとアトピー性皮膚炎の症状が悪化し、合格すると急に軽くなったという話がよくあります。ストレスはアトピー性皮膚炎の症状を悪化させる大きな原因と考えられています。


アトピー性皮膚炎の症状−季節によってかゆみの程度が違う

アトピー性皮膚炎の症状には、季節性があるといわれています。夏場に悪化する人もいれば、冬場に悪化する人もいて、かなり個人差がみられます。


○冬場にアトピー性皮膚炎の症状が悪化する場合

寒くなると、肌の乾燥がますます強くなるために、アトピー性皮膚炎の症状がひどくなります。暖かくなると、温度が上がり、発汗によって肌に潤いが出るためかゆみが少なくなります。


○夏場にアトピー性皮膚炎の症状が悪化する場合

汗をかくと、それが刺激になってアトピー性皮膚炎の症状がひどくなります。また、夏場は細菌が繁殖しやすくなり、細菌によって皮膚の炎症が悪化するとかゆみが強くなります


アトピー性皮膚炎の症状−肌が乾燥しやすくなる
アトピー性皮膚炎の肌の特徴の一つに、皮膚の乾燥状態(ドライスキン)があげられます。乾燥した皮膚は外界の刺激に対して防御機能が低下しています。

アトピー性皮膚炎の症状−皮膚の感染症を起こしやすい

アトピー性皮膚炎の肌は抵抗力が弱いため、細菌感染やウイルス感染を起こしやすいと考えられています。細菌感染では黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌、ウイルス感染ではヘルペスウイルスや水いぼウイルスがよくみられます。ヘルペスウイルスは、口の周りなどの皮膚に2〜5mmぐらいの小さな水疱があらわれる病気です。健康な人はほとんどが軽症ですみますが、アトピー性皮膚炎の患者さんでは水疱が顔中にあらわれたり、体の広い範囲に広がって重症になることがあります。

アトピー性皮膚炎の症状は生育期で異なります

乳児期のアトピー性皮膚炎の症状は、口の周りや頬に赤いポツポツ、ジュクジュクした発疹が出てきます。また首、肘のくぼみ、膝のうら、手首や足首などの汗のたまりやすい部分が赤くなります。


幼小児期はアトピー性皮膚炎の治る人が増えて新しくアトピー性皮膚炎を発症する人が少ないので、全体の患者さんの数は減ります。アトピー性皮膚炎の症状としては、顔面の発疹が減り、関節部や体の発疹が増えてきます。アトピー性皮膚炎では皮膚が非常に乾燥しやすいのが特徴ですが、乳児期を過ぎると皮膚の乾燥がはっきりと目立ってきます。


思春期・成年期はアトピー性皮膚炎が悪化しやすい時期です。乳児期や幼小児期にいったん治った患者さんが思春期以降に再発するケースもよくみられます。アトピー性皮膚炎の症状としては、発疹が顔面、上胸部、上背部、肘窩など上半身に強くあらわれる傾向にあり、特に顔面はいわゆる「アトピー性皮膚炎の赤ら顔」などと呼ばれます。一般にアトピー性皮膚炎の再発例は治りにくいといわれています。

2007.04.24.08:05 | Permalink | Track Backs (0) |